Macintosh

生まれて初めて買ったコンピューターはAppleのPerforma5320だった
お世辞にも良い機種ではなかったけれど、そこには価値観を一変させるに足る崇高が哲学があった
数多の愛機の変遷はあったが常にApple Mac一択なのは言うまでもない


現在の愛機

MacBook Air M1 2020

現在のメインマシン。
全世界が驚愕したApple Silicon搭載機でネイティブソフトはバカっ早‼️
Proと悩んだけど、全く同じCPUでProは無いと思いAirを選択。

  • Apple Siliconの圧倒的な速さは本物
  • 高精細なRetinaディスプレイ
  • 堅牢なユニボディで持ち運びも安心
  • 世界一エレガントなOSX入り

Mac mini Server(Late 2012)

Appleのミニマイズの美学を具現化したコンセプトにシビれる。
この性能、この大きさ、この価格、もう非の打ち所が、無い。(笑)
勿論現役使用中。

  • 滅多にファンの回らない超静音
  • HDMI端子1本でディスプレイに簡単接続
  • 世界一エレガントなOSXとOSX Server入り

過去の使用機

MacBook Pro Retina, 13-inch, Late 2012

お下がりとして相方が使用中。
今はソフトの性能をハードの性能の方が大きく上回っている素晴らしい時代。
当分の間買い換える動機が見当たらない。Retinaディスプレイの精細な表示は老眼にも有難い。(笑)

  • 高精細なRetinaディスプレイ
  • 堅牢なユニボディで持ち運びも安心
  • 世界一エレガントなOSX入り

MacBook Air 13-inch, Mid 2011

自分は初代からのMacBook Airユーザー。
モバイラーにとって軽さは絶対に正義。
その究極の形がiPhoneだ。

  • 初代発表時のジョブズのドヤ顔が忘れられない。(笑)
  • たまたま薄くなったのではなく、薄くする前提で設計されている美しさ。
  • 世界一エレガントなOSX入り

PowerBook G4 (DVI)

  • 自分的には史上最も美しいPowerBook
  • 自分的には史上最も欲しいと思ったPowerBook
  • PowerBook 2400を買い損ねた全ての日本人へのAppleからの贈り物
  • 初代PowerBook G4(15inch)が出た時、キーボードの横の余りをぶった斬って12inchにしてくれたらなぁ〜って思ってたらホントに出ちゃった夢のマシン

PowerBook G3 500

  • 歴代PowerBookの中でも名機の誉高いG3 500は本当に素晴らしい機種でした
  • 丈夫で見た目よりずっと軽くてパワフルでデザインが超クール

iBook (16 VRAM)

  • iBookが余りに良く出来ているので、相方用に買い増し
  • 見た目がオシャレなだけで実用性は十二分

iBook (Dual USB)

  • クラムシェル型の初代iBookは流石にパスだったけど、二代目のコイツには飛びついた
  • 廉価版PowerBookと言うのが可哀想になる十分な性能

PowerBook 1400c

  • 初めて買ったノートブック
  • 奮発してTFT型液晶モデルを選択
  • クソ重かったけど何処へも持って出て使いまくったなぁ…

Performa6310

  • ネットワーク接続がしたいが為だけに個人売買で購入した実験機
  • 本当に標準機能でネットワークが組めてしまうMacって凄い
  • 性能的には5320とほぼ同じ

Performa5320

  • 生まれて初めて買ったMacintosh
  • 一体型でプレインストールのアプリケーションが一杯
  • 買って直ぐに画像ボードの故障で早くもMacの洗礼を受ける。(笑)
  • この世で一番この機種を使い倒した自信があるほど、Macの全てを学んだ。