【3193日目】大寒波の陽だまりにて

ジャボチカバブランカ
冬の間室内へ避難中のジャボチカバ・ブランカの現況である。
毎年の事ながら調子を崩しており、とてもじゃないが良好とは言い難い。

熱帯果樹なので、本来なら常に新芽を出し続けており、実際調子が良ければサーモンピンクの新葉を其処彼処に出しているのだが。

大寒波の影響で外は昼でも凍える様な寒さだが、陽射しがある室内はヌクヌク状態。
少しも機嫌を直してくれれば良いのだが。

播種(推定日)から撮影日まで:3193日

投稿日

カテゴリー:

, ,

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です