【3585日目】時の流れに

小葉系ジャボチカバ1号
小葉系ジャボチカバの現在の様子である。
冬の間ずっと室内に取り込んでいたのでやや調子を落としているが、春の訪れと共に復活するだろう。
 
静岡のジャボチカバ園で嬉々としてジャボチカバ狩りをしてから早10年が経とうとしている。
そこから得た種を蒔いて早10年と言うことだ。
 
自分自身には色々な事があった。
しかしジャボチカバは只々物言わず側に居ただけである。
古い写真と見比べて初めて成長している事に気づく程度の変化である。
同じ時間を共有している筈なのに全く違う時の流れの中を生きている。
 
果樹には開花・着果という最大のイベントが待ち受けている。
小葉系ジャボチカバの場合、播種から15年かかると言われる。
 
あと5年
 
その間自分にはどんなことがあるのだろう。
しかしその日はあっという間に訪れると思う。
 
 
因みに自分も未だ開花していないと思っている。(笑)
あと5年で開花できるのだろうか?
 
播種から撮影日まで:3585日


投稿日

カテゴリー:

, ,

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です